VEXロボティクスコンベンションに協賛致しました。

VEXロボティクスコンベンションに協賛致しました。

パワープロジェクトは、2019年12月21日に2019国際ロボット展(iRex2019)内で行われた世界最大級のロボット競技大会「VEXロボティクス」に協賛致しました。
国際ロボット展は東京ビッグサイトで毎年開かれているロボットの祭典。
「ロボットがつなぐ人に優しい社会」というテーマを掲げ、人とロボットが共存・協働する社会を目指すという趣旨の元、多くの企業が出展しており、今年も非常に沢山の来場者が訪れていました。

VEX Robotics Convention in iRex2019

そんなiRex2019内の西ホールのメインステージで「VEXロボティクスコンベンション」は開かれました。
VEXは子供たちを対象としたSTEM教材で、ロボットのプログラミングなどを通して理数工学に対する興味を早い時期から持たせる目的があります。
その勉強の成果を試す世界最大級の競技大会が「VEXロボティクス」なのです。

パワープロジェクトは、子供たちが持つ可能性を引き出すVEXのコンセプトに賛同し、これからの『未来を担う子供たちを応援したい』という想いから今回のVEXロボティクスコンベンションに協賛させて頂きました。

VEX Robotics Convention in iRex2019

そんなiRex2019内の西ホールのメインステージで「VEXロボティクスコンベンション」は開かれました。
VEXは子供たちを対象としたSTEM教材で、ロボットのプログラミングなどを通して理数工学に対する興味を早い時期から持たせる目的があります。
その勉強の成果を試す世界最大級の競技大会が「VEXロボティクス」なのです。

パワープロジェクトは、子供たちが持つ可能性を引き出すVEXのコンセプトに賛同し、これからの『未来を担う子供たちを応援したい』という想いから今回のVEXロボティクスコンベンションに協賛させて頂きました。

VEX ロボティクス コンベンション
VEX IQ チャレンジ

実際に今回はアメリカはカルフォルニア、さらにハワイ、また中国など、国境を越えて子供たちが集まりました。
小・中学生部門、中・高校生部門に分かれ、子供たちがそれぞれのプログラミング技術を競い合います。
中・高校生を対象にしたVRC(VEX・ロボティクス・コンベンション)ではロボットの操り方を競うドライビングスキルマッチも開催。
自分の力で作りあげたロボットをそれぞれコントロールし、制限時間内にエリア内に置かれたブロックをいくつ積み上げられるかを競う他、コントローラーを使用せずにプログラミングでロボットを動かす部門もあるなど、その技術とスキルを多方面で競い合う白熱した戦いが繰り広げられました。

競技中の様子
競技中の様子
表彰式
表彰式

実際に今回の上位入賞者の表彰式では弊社代表取締役の藤枝がプレゼンターを務めました。
また、パワープロジェクトもVEXにおきましてパートナーアワードを受賞しました。このような賞を頂き、大変光栄に思っております。

今回のVEXロボティックスでは、国内外の子供たちが言葉の壁を越えてお互いの技術や知識を競い合っていました。
この子供たちの中から未来の偉大なプログラマーが生まれる可能性も多いにあるでしょう。

今後もパワープロジェクトは、このVEXロボティクスとこれからの未来を担う子ども達を応援していきたいと思います。

今後もパワープロジェクトは、このVEXロボティクスとこれからの未来を担う子ども達を応援していきたいと思います。

SPORTS

CASTING

PROFILE